【これが現実】ブログ100記事現在での収益とアクセス変化見せます【継続のみが力】

この記事は約6分で読めます。
100

カオスな雑記ブログとして2020年の1月から立ち上げたこの『最低限のタネ』というブログも、ついにこの記事で100記事目となります。

100記事書いたから収益爆上がりとかアクセス多過ぎ笑える、なんてなるわけではないですし、100記事という山に夢を見すぎると、登り切った先に桃源郷ではなく変わらぬ見果てぬ荒野しかないことを知り絶望することになります。

過去にアクセスは3あればモチベーション保てるでしょ!という弱者の見栄みたいな記事書きましてそこで触れたのですが、過去に僕はたくさんブログを始めては辞めて、というのを繰り返しました。

唯一そこそこの収益になったブログが1つだけありまして、オカルトジャンルの特化ブログ、かつ1000記事も書いたという我ながらよくやれたなと思うブログだったのですが、記事の大半が戦略性も何もない日常日記も書いちゃってたので、平均して月に1万円ぐらいの収益でした。

それでも、振り返れば1万円月に稼げていたという事実は凄いことだと思うのです。(尚、クソバカな僕ちゃんは飽きた時にブログごと消して超後悔した模様)

ちなみに収益の源はほぼアドセンス。たまにAmazonで本とかが売れてましたがそれは雀の涙。

そんな過去のちょっとした栄光を目指し、ようやくたどり着い記事100の節目。

そこで今回は包み隠さず収益やアクセス数字などをお伝えし、同じように戦うブロガーの方、またはブログ って儲かんの?知りたい方への参考になれば幸いです。

全期間での収益額は

1月に書き始めて約3か月。

一応広告と、アドセンスを貼っていますので収益は発生するようにはなっています。

ただ、現状Amazonでの売り上げも発生していませんので、アドセンスのみの収益です。

では、3か月間、100記事書いている時点での収益をご覧ください。まんま、アドセンスのレポート画面のキャプチャです。書き始めて数十記事書いた時点でアドセンス審査通して貼り始めたので、2月頃からのデータになっています。

おうおう、なかなかクソザコブログにしては見てくれてるんじゃないの?あんまり見方がわかんないけど。

どれどれ収益は……

1円。

ハナクソにもなんねぇな。

全期間のアクセス数は

では次にアクセス数。

上記アドセンスにもページビュー数とか出てますが、ちゃんとアナリティクスで集計したものを貼ります。

1月から昨日までの約3か月間全ての期間での集計です。

アナリティクス詳細

新規ユーザー129ってことは、少なくとも129人の人は読みにきてくれたってことでいいんですよね?

このブログのように超雑記ブログというのはどうしても直帰率が高くなると聞きます。

また、平均セッション時間というのも、確かブログ内で移動してくれないと計測されなかったはず。

つまりその辺りのデータはあまりあてには出来ないのですが、とりあえず今は素直に129人に感謝します。

もちろん、ブログ開設当初に色々いじくって(スピードテストとか)かさ増しされているのは理解しています。

見方が大幅に間違っていてもそっとしておいてください。僕は今、幸せです。

100記事書くの全然楽じゃない件

さて。

稼いでいるブロガーさんのみならず、よく言われるのが「まず100記事書いて」ということ。

当然、100記事書くことを目標とするのではなく、100記事書く頃にはある程度コツも掴めてくるし、時間もある程度はかかっているだろうし、何よりそこまで継続できたってことに意味があるんだよ、という意味合いでの「とりあえず100記事」はマジだと思います。

だって、100記事ってさらっと書けるものではないですし、僕のこのブログのように何書いたってよさそうな雑記ブログですら、途中何度もやめようと思ったぐらいですから。

僕のように本業持ちながらブログやるなら尚更。

もっと言えば、本業もなくてガチでブログだけで食べれるような人というのは極僅かなわけで、そういう方以外の大多数は何らかの稼ぎを別で持ちつつブログもやっているはずです。

それで100記事が楽なわけがないのです。

この雑記ブログを始める前に、1つ特化ブログを作ったのですが、そのブログは特化だけにアクセス数はこのブログよりも早い段階で集まり始めました。

80記事ぐらいは捻り出してなんとか書いたのですが、もう本当に書けなくなってしまったのです。

80書けたんだから100まであとちょっとじゃん!

と僕自身も思ったのですが、あるんですよね、マジに何も書けなくなるタイミングが。

もちろん、特化ブログ(しかも興味ゼロの健康分野)だったのでネタ切れしたというのもありますし、そもそも僕に知識が無かったのも拍車をかけました。

ブログって、収益化のコツとか、デザインとか、そういうのはある程度経ってから考えればよくて、そもそもまず続かない事の方が問題なわけです。

続けられそうなジャンルでブログを書き始めるという事も、最近凄く大切な気がしてます。

そして書き続ける途中、ある日ふと、「ちょっとだけ更新サボろうかな」と思ったならば運の尽き。

無理して死にかけてまで書く必要はないと思いますし、このブログだって不定期更新です。

ただ、心がブログだりぃ、ってなる瞬間があると、一気に書けなくなったりしちゃうものなのです。その経験、いっぱいあります。

地道な継続のみが力になる

さきほど曝したように、このブログはアクセスも全然多くないですし、今のところ収益は1円です。

しかし、僕はだからと言って絶望しているわけでもないですし、やめるつもりもありません。

過去に何度もブログをやってきた経験というのもプラスになっているでしょうし、今回のこの雑記ブログは、雑記ブログであるが故にカテゴリが雑多になり、アクセス数が伸び始めるのも遅いだろう、と調べた上で始めました。

そして、過去唯一少し稼げたブログから学んだことが、継続こそが力。

いやいや、ブログで稼ごうと思ったら、たぶん継続のみが力なのです。

継続する上で、反省して修正してより良い記事をと向上心を持ち続けるのは当然のこととして、です。

まとめ

ブログなんて結局稼げないじゃん、と思うあなた。

本当にそうだと僕も思います。

ただ、1000記事、あるいは10000記事かいたら、きっと稼げているような気がしませんか? 僕もその先の世界が見てみたいのです。

100記事とかめんどくさい、と思うあなた。

僕もマジにそう思います。あれ? むしろこうやって記事頑張ってる時間で記事ライティングの副業とかした方が圧倒的に稼げるんじゃね? と思ったこともありました(記事ライティングの副業マジやめとけ記事があるのでよければどうぞ)。

別に意識しなくていいと思います。

100記事書くの、めちゃくちゃめんどくさいです。

でも、ただひたすら普通に継続していれば、いつの間にか過ぎちゃうと思います。

そのぐらいの心構えでいないと、きっと逆にしんどいです。

そのぐらいの心構えでいても、しんどい時はしんどいですし。

もうブログつまらん、と思うあなた。

一旦辞めちゃっていいと思います。

そして、自分が書きたいな、得意だな、と本気で思えるジャンルを考えて、気が向いたらまた始めればいいと思います。

そのジャンルに競合が多いとか考える以前に、続けられずに辞めちゃう方が悲しいと思いませんか?

膨大な時間を費やしているわけですから。

そして本気で稼ぎたいと思ったのなら、マジに稼いでいるブロガーの人たちをパクッて真似しまくれば良いのです。

皆さん、そうしてのし上がっています。

とにかく、継続すること。

これがきっと唯一しっかりとしたエビデンスのある定石なのです。

偉そうに色々書いてきましたが、もう一度だけ書きます。

100記事書いて3か月ブログやってきた収益は1円。

参考にするかしないかは、あなた次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました