最低限知っておきたいスニーカーメーカー定番の代表作

この記事は約4分で読めます。
スニーカー定番の代表作

どんどん人気の高まるスニーカー。

職場の形態も時代に合わせて変化してきた影響もあってか、通勤電車でもスニーカーを履くサラリーマンも多い印象です。

そんな空前のスニーカーブームの中、果たしてあなたはどれだけスニーカーメーカー(ブランド)を知っているでしょうか?

今回は、スニーカー大好きさんには物足りないでしょうが、スニーカーは正直よくわからないような方に送る、会話についていく為に最低限知っておきたいド定番の代表的スニーカーをご紹介します。

これでもうギリなんとか会話に入っていける! かも。

adidas(アディダス)のスタン・スミス

今なお超人気のオジサン顔がプリントされているド定番、スタンスミス。

ギネスにも世界一売れたスニーカーとして認定されていたりもします。現段階では謎ですが。

ちなみにこのスタンスミスさんはテニスプレイヤー。

テニス用シューズとして最初は作られたのですね。

また、アディダス創業者はドイツ出身のアドルフ・ダスラーとルドルフ・ダスラーの兄弟で、その弟さんがアディダスを立ち上げました。

そして兄のルドルフが立ち上げたのがこれまた超有名なPUMA。

なんという才能ある兄弟か。

他にもアディダスはスーパースターも定番。街でもいっぱい見ます。

なお僕自身、高校生ぐらいの頃にスタンスミスを愛用していた記憶があります。

もう10年以上前ですから、どんだけ愛され続けるんだよ、と戦慄。

VANS(バンズ)と言えばスリッポン

バンズ、と聞いてまず思い浮かぶのがスリッポン。

僕も昔から定期的に買っているので、いかに息の長い信頼されたスリッポンであるかがよくわかります。

バンズがアメリカのカリフォルニアで誕生した1960年代、最初に販売したのは、スリッポンではなく今でもこれまた定番のオーセンティック↓です。

スケーターに支持されてきて、頑丈な作りとスタイリッシュでシンプルなデザインもかっこいいです。

Converse(コンバース)のオールスター

スニーカー定番中の定番、それがコンバースのオールスターでしょう。

なんと言っても歴史がすごい。

1910年代にバスケットボール流行に合わせて作られたスニーカー、それがオールスター。

100年以上前に作られたスニーカーが、今でも定番中の定番として人気なのは驚くばかりです。

また他にも、ジャックパーセルもとても有名。

僕も一足所持しています。すごく履きやすいです。

New Balance(ニューバランス)の996

ニューバランスと言えば最高の履き心地。

ただ、ちょっと高いイメージ。

ニューバランスというメーカーは、そもそもは矯正靴などを生産していたメーカー。

だから最高の履き心地、腰に負担が少ない感覚が生み出せるのです。

そして、独特な商品名。

996、1300、などナンバー表記です。これもまたカッコいい。

そんな無骨でストイックなメーカー、ニューバランスの定番と言えば、996でしょう。

至高の1300、後継の1400など、履き心地最強タイプも良いのですが、背伸びし過ぎない価格帯とシルエットのスマートさから大人気となったのが996。

僕は1400を愛用していましたが、履き心地は最高なんですがちょっとシルエットがモッサリなんですよね。

そのあたりのバランスも996の方が優れているのかもしれません。

↓これが1400。

NIKE(ナイキ)のエアフォース1

ナイキと言えばスポーツなイメージ。

それもそのはず、創業者は陸上部コーチと、陸上部でのランナーだった2人によってスタートしたのです。

僕は恥ずかしながら中学、高校とバスケ部だったので、ナイキのバッシュは憧れでした。

定番のエアフォース1はがしっとした履き心地とデザインで愛されていて、やはり白がド定番。

ナイキと言えば今となってみればギャグみたいな、エアマックス狩りなんていう現象もありましたね。

人気過ぎて、エアマックス履いて歩いてると襲われて盗られちゃうんです。

ほんと、今となれば笑える社会現象。

まとめ

こうして本当に最低限知っておいた方が良いスニーカーを挙げましたが、なるほど定番なだけあって僕自身ほとんど1度は買ったことのあるスニーカーばかりでした。

むしろ無難なのばかり選び続けた結果かも知れませんが。

もちろん、ここで紹介したスニーカー以外にも無数のスニーカーがあり、知れば知るほど深みにハマる魔力もある世界です。

ひとつだけ、経験上言える事は、あなたがコレクターでもない限りは合う合わないがありますから、試着して自分の足にとって心地よい物をメーカー問わず選べばいいと思います。

無理して窮屈なスニーカーを履く意味は皆無です。見栄張りたい場合以外は。

長く愛せるお気に入りのスニーカーをぜひ探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました