耳掃除は最低限にしましょう

この記事は約3分で読めます。
耳掃除は最低限に

最近よく耳にすると思いますが、耳掃除は頻繁にやってはいけないのだそう。

僕も耳掃除は大好きなので頻繁にゴリゴリガリガリやっているのですが、道理でずぅっとカサブタが耳の中にあるわけだ。

やっちゃいけなかったんだ!

というわけで耳掃除は最低限に、というお話し。

耳掃除は月に一回で十分

本来耳というのは、日頃の運動であったり食事の時の咀嚼であったり、それらの際に生じる振動で耳の中の耳垢は自然と排出されるように出来ています

また、耳の中というのは非常にデリケートですから、耳掃除が気持ちいいからとガリガリやりまくるのは炎症を起こす可能性があるだけでなく出血などの原因にもなります。

僕がきっとそれ。

もし耳掃除をするとしても、耳の穴の見える範囲を軽く拭き取るぐらいで十分なので、月に1度、または汚れが外に見えて気になる場合などに見える範囲だけをささっと拭くだけにおさえておいた方がよいです。

綿棒も本当は危ない

綿棒ぐらいなら奥まで入れても大丈夫、と思いガチですが、実は綿棒もNG

綿棒は耳の穴の中にフィットする感覚が気持ちいいのはよくわかりますが、つまりそれは奥に耳垢を押し込んでしまっているのとイコールです。

さらに誤解しがちな点として、お風呂上がりの湿った状態も本当は危険。

いい具合に柔らかくてなった耳垢がより奥にまとめて行きやすいからです。

ですから、どんなケースでも綿棒を使う場合は耳の穴の入り口付近を拭き取る為にだけ使うべきなのです。

耳垢には殺菌・防虫効果もある

実は耳掃除を頻繁にやらない方が良いのは、耳の中が炎症する為だけではありません。

その理由は耳垢の知られざる活躍に隠されています。

耳垢は、弱酸性である為、その成分が耳の中を菌から守る殺菌効果を持ちます。

さらに、虫などの侵入を防ぐ防虫効果まで持っているのです。

これは耳垢の成分が汗なども含んでおり、虫の嫌がる臭いを発しているから。

まとめ

耳掃除は月に1度か、外から見えるようになってしまった耳垢をその都度拭き取る程度にしておく。

理由は耳の中が炎症しやすいためと、綿棒などによって耳垢を奥に押し込んでしまう可能性がある為。

耳は自然と耳垢を排出できるように出来ている。

耳垢には殺菌、防虫効果もある為、清潔にしようと頻繁に耳掃除をしてしまうと逆に菌や虫などが入りやすい環境を作ることになってしまう。

いかがでしょうか?

とはいえ、ですよね。

とはいえ、やはり汚い耳クソまみれにはなりたくないです。

どうしても気になる場合は、やはり奥までグリグリ耳掃除するのではなく、入り口付近の見えている耳垢を拭き取るだけにとどめる。

それを意識するだけでも耳の中の環境は良くなってきますので、まずは全くやらないのではなく入り口だけにとどめるところから始めてみてはいかがでしょうか?

僕もなるべく奥は触らないようにし、早くカサブタ治します。

ちなみに、耳掃除を奥までしたい場合は、耳鼻科でやってくれますので安全かつしっかり耳掃除したい方はご一考下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました