占いを上手に活用する為に最低限知っておきたいこと

この記事は約4分で読めます。
占いの活用法

毎朝の情報番組での占いコーナー、ついつい気になって見ちゃうのは僕だけではないはず。

さらにその日の運気が良いと言われれば素直にウキウキ気分になり、最低だと言われれば素直にへこむのも僕だけじゃないはず。

とはいえ、占いにも色々あります。

色々あります、って簡単に言ったら怒られちゃうんじゃないかなぁ、と軽くビビるぐらいに色々あります。

しかし、占いは大きく分けて三つのジャンルに分けられるのです。

それを最低限知っておけば、きっと上手く占いを活用して日々の生活も楽しくできるかも。

占いは命・卜・相の3つに分けられる

命(めい)

まずは命です。

すごく簡単に言えば、統計的要素強めの、生年月日とか性別とか誕生日とか、そういう決まった要素から導き出す占いです。

星座占い、占星術、六星占術、四柱推命、誕生日占いなどなど。さらには動物占いもこれに入ります。

どういう風に活用するのが良いかといえば、あなたの生まれ持った性格だったり、傾向だったり、大まかな人生の流れだったりを知りたい時には大いに役立ちます。

そして何より、古くから積み重ねられてきた統計的な要素が強いので、変な言い方ですが比較的しっくり来ます。

例えばあなたが占ってもらって、〇〇年頃は体調を崩しやすいから気をつけてね、と言われたら、統計的に考えてあなたと同じような生まれの人は〇〇年頃に体調を崩しやすい、と置き換えて考えられるので、気をつけ甲斐があります。

ちなみに、動物占いは四柱推命の12星を動物に置き換え親しみやすくしたもの。

ここでも日本人のオリジナル化スキルが大いに発揮されてますね。

卜(ぼく)

これぞ占い、といった感じの卜。

そもそも、占いのことを卜占(ぼくせん)と言ったりもしますから。

余談ですが卜と書いてウラとも読みます。

卜部(うらべ)さんとか実際います。

卜にあたるのは、

水晶占い、タロット占い、おみくじ、コイン占いなど。

カンの良い方は気付くかも知れませんが、統計的要素が入らない占い方法です。

故にこの卜に入る占いは、とにかく占い師の話術や見抜く力などが非常に大事になってきます。

まさに占い師の真骨頂。

ではどう活用すれば良いのかと言うと、とにかく迷っている時でしょう。

占い師と対面しての占いであればあなたの話を聞いてくれた上であなたの進むべき道を教えてくれるでしょうし、おみくじで神様に委ねるのも良いでしょう。

花びらを一枚一枚抜いていき「好き、嫌い、好き、嫌い……」とやる花びら占いも、立派な卜の占い。

本当に迷っているのにお金もおみくじもない!

そんな時は野の花に決めてもらうのもまた一興。

相(そう)

最後は相。

人相占い、手相占い、姓名判断、風水、夢占いなどが相にあたります。

統計的要素もありつつ、目に見えるものから未来の運勢まで予測する欲張りな占い。

現状の見た目なども占い結果に関係してきますし、風水はテレビで家具の位置なんかも指摘しますよね。

つまり活用法としては、これから何かを変えたい、運気を変えたい、と思っている場合に頼ってみるのが良いでしょう。

命や卜と違って、より具体的に指示をもらえるのが相の占いの良いところ。

玄関に〇〇は置かない、とか、ここのメイクはこうするといいかも、など、実践しやすく具体的なのが嬉しいポイント。

まとめ

占いは本当に奥が深いです。

科学的根拠が無い、とよく言われますが、統計的な信憑性だったり、ベテラン占い師さんの培ってきた経験やカンは、時に科学的根拠よりもよっぽど信頼できたりします。

科学は科学でしかないです。

深いようで意味わからないですが。

ちなみに僕はかつては細木先生の六星占術を超信じてました。

めちゃくちゃ当たりましたし、僕レアな霊合星人だっのでなんか嬉しくて。しかも霊合星の特徴の二面性もまぁよく当たる。

今は、日テレの朝のスッキリで水卜アナが読み上げる占いを信じてます。

なぜって?

水卜ですからね。名前に卜が入ってる人物は卜占と関係あった先祖と決まっているのです。

つまり信頼できる!

というかかわいい。

と思ってググッたらやっぱりとある番組で調べて、水卜アナは雨で占う占い師が先祖かも、と分かったらしいです。

そんなのどうでもいいけどかわいい。

ともあれ、占いの結果に一喜一憂せず、上手く占いと付き合い、活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました