同棲生活に最低限必要な部屋の間取りは?

この記事は約3分で読めます。
同棲生活最低限の間取り

男女が生活を共にするトキメキに満ちた同棲生活。

慣れてきたらトキメキもクソもなくなりますが。

そんな同棲をするのに最低限必要な間取りはどのぐらいでしょうか?

僕が結婚した妻と同棲を始めたばかりの経験もまじえて考えます。

結論、1Rで十分

まず結論から言いますが、1Rで十分です。

僕は同棲し始めた時はそうでしたし、結婚してからも数年間1Rでした。

結婚前は、

「自分の部屋がほしぃぇぃ!」

と思ってましたが、めちゃくちゃ怒ると恐い割に寂しがり屋な妻が1Rでいいと押し切った為あきらめました。

1Rで同棲することのメリットデメリットは簡単に想像できると思います。

なにが起きても常に隣り合わせで過ごすしかない、

1Rというのはそういう間取りです。

特に不自由しませんでしたし、キズナも強くなった気がします。

ケンカをしても同じ部屋。ゲームしたくても同じ部屋。

最初は僕が嫌でしたが、慣れれば全然気にならなくなります。

人間の最大の優れた特徴は慣れることが出来る事ですので。

住めば都。まさに。

ただ、最初に2DKとかの部屋に住んでしまってからの1Rはたぶん無理でしょう。

広さはちゃんと吟味した方が良い

実は僕と妻が同棲し始めた際、間取りは1Rでしたが、広さにはこだわりました。

間取りよりも遥かに大事なのが広さです。

不動産屋で見る資料で言えば、〇〇平米(へいべい。平方メートルのこと)、という部分ですね。

〇〇帖(じょう。畳とも書かれる)、と書かれていることも多いです。

この広さによって1Rであっても住み心地は全然変わりますので、しっかり吟味し、なるべく内見もした方が良いです。

ちなみに僕が住んだ部屋は、30平米。

帖で言うと18帖ぐらいです。

これぐらいあれば、狭いなぁ、と感じることもなく普通に生活できます。

もちろん、住む人の感じ方にも依りますが……。

まとめ

同棲するとしても、1Rで全然十分。

ただし平米(帖)だけはちゃんと吟味すべし。

最低限覚えておきたいのはこれだけです。

しかしながら探す場所によってはなかなか広い部屋が見つからなかったりもします。

僕が住んだのは東京都内のそこそこ良い場所だったので、1Rの割に家賃は8万円ちょっと。

一人暮らし時代は1Kで4万円の家賃だったので、場所もかなり大事になってきます。

しかしそこは一緒に住む2人のそれぞれの主張があるでしょうから、簡単には妥協できなかったりしますから難しいところです。

なんにしろ、気の合う相手とであれば1Rで十分。

2人が楽しく幸せに生活できればなんだっていいのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました