【タバコ】最低限覚えておきたい失敗しやすい禁煙の始め方と理由【やめたい】

この記事は約6分で読めます。
禁煙失敗

喫煙者の中でも、禁煙願望のある方にとっては禁煙成功した後の世界というのはとても羨ましいものです。

羨ましい? じゃあそもそも吸うなよ。

などと思う方がいるのも分かりますが、もはや喫煙は習慣の1つであり、凶悪なまでの依存でもあります。

僕は前回加熱式タバコの項でも触れましたが、未だに喫煙者です。

しかもたぶんあまり言えない年齢から吸っていました。

そして僕の妻の勝手な経験則から言うと、若い時から吸い始めたヤツほど禁煙は成功しないのだそうです。

もう依存とかいうレベルじゃなく、相棒、親友、ニコチンが身体に必要な成分の1つ……みたいになっちゃってますから。

しかし僕はかなり禁煙願望がある方だと思います。

簡単に止められるのであれば今すぐ止めたいです。

そして、過去に何度も禁煙には失敗してきました。

ただ、割と長い期間禁煙できたこともあるのです。

そこで今回は、完全に僕の経験上の話にはなりますが、禁煙に失敗しやすい始め方とその理由をいくつか書いてみたいと思います。

最低限これらを避けて禁煙を始めれば、成功率はちょっと上がるはず。

失敗例1:愛の為の禁煙

典型的な禁煙スタートの動機であり、典型的なすぐ禁煙失敗する動機でもあるのが、愛の為の禁煙。

「おれ、君がタバコ嫌いだって言うならいますぐでもやめられるよ」

みたいなやつです。

勢いは否定しませんし、僕も何度か、君の為禁煙を始めたことがあります。

しかし、最初は良いのですが、ちょっと険悪になったり喧嘩したりすると一気にタバコ欲が爆発してしまいます。

しかもこの禁煙動機のタチの悪い部分は、大体禁煙失敗を、愛の為君の為と誓ったその相手のせいにしちゃうことです。

「フン! お前の為にガマンしてたのに」

とか、

「誰の為に禁煙してると思ってンだ!」

とか思いがちなのです。

これは相手にしても超迷惑。いやいや頼んでねぇし、ってなもんです。

ただし、僕調べでは、「孫」や「子供」の為に止めた場合は成功率高いみたいです。

じいちゃんばあちゃん世代に「なんでタバコやめられたの?」と聞くと、大体が「子供にくさいって言われた」とか、「孫にじいじくちゃいって言われた」などという苦い経験があり、その勢いでやめられた話をよく聞きます。

僕も子供はいませんので気持ちはわかりませんが、孫と子供パワーはニコチン依存にも打ち勝つ強大な愛になるみたいです。

失敗例2:宣言してからの禁煙

次は、堂々とみんなに「おれ明日から禁煙しまぁぁす!うぇーーーい!」

みたいに言っちゃうパターン。

そうやって自分を追い込んだ方が止められる、と言う話も聞きますが、

基本言わない方が良いです。

それこそ有吉弘行さんのように、とんでもない覚悟でもってツイッターなどで宣言し、自分を追い込みまくって禁煙成功、なんていう豪胆な大技を成功させる御仁もいらっしゃいますが、それって本当にすごいことですし、実際大変だったようです。

言わない方が良い理由としては、追い込むことのプレッシャーはむしろプラスに働くのですが、必ず茶化すヤカラが出てくることです。

禁煙は、定期的に来る吸いたい欲望との戦いであり、いかにタバコを忘れられるかが大事だと僕は思います。

なのに、茶化すヤナヤツが一人いるだけで、

「おーい、まだ禁煙してんの? やめとけって、逆にストレス溜まるだけだぞ?

ほら、ナイショにしといてやるから一服しに行こうぜ」

みたいに一番止めて欲しい誘惑をしてきます。

ストレスにしかなりませんし、これにより頭の中に「タバコ」という言葉が復活するきっかけにもなっちゃいます。

それと、言わないでこっそり禁煙していた方が、万が一失敗した時にも気が楽です

知っているのはあなたと神様だけです。

神様さえ口封じしとけばこの世であなたが禁煙失敗したダサイヤツだと知っている人物は一人もいません。

何度も言いますが、僕も禁煙失敗しまくってるクソダサイヤニカスですので安心してください。

失敗例3:中途半端な禁煙

お次は中途半端な禁煙。

吸う本数を減らしてみよう。

ちょっと軽いタバコに変えてみよう。

これらはマジ無意味です。

まぁ、禁煙じゃないですしね、それは。

それで健康にでもなれると思っているのなら大間違いで、結局タバコとの付き合いというのは吸うか、吸わないかしかないのです。

一度でも吸ったら喫煙者。

一生吸わずにいられたら禁煙成功。

本数減らしたり軽いタバコに変えたりというのは、むしろ逆に多く買うきっかけになったり、ケチって根本まで吸って逆に有害物質取り込みまくったりと良い事ないです。

止める、と本当に決めたなら吸わない。タバコ系全部捨てる。

物理的に吸えない状況になれば吸いません。だって物理的に吸えない状況なんですから。

あと、「無理にタバコを捨てずに禁煙を始めればいい」という話もありますが、僕には全然ダメでした。

よし、そこまで重く捉えず、タバコも捨てずに禁煙始めてみよう!

意外といつでも吸えるってことが安心感になって、長続きするかも!

と、ある日の僕は考えて禁煙スタートしたのですが……

1時間後普通に吸いました。

だって普通にあるんだもの。

1時間後に吸ったとか、普通の間隔ですからね。

というわけで、やはり本気で止めたいならタバコ関係のものは全処分がベストでマスト。

失敗例4:代替品でごまかし禁煙

最後は代替品でごまかし禁煙

僕がやってみたのは、ニコチンの入っていない電子タバコ。

煙だけ無駄にめちゃめちゃ出る系です。

最初はその煙の量に感動しますし、「おぉ、なんかタバコ吸ってるような気になるな」と思うのですが……

すぐに飽きます。

だってタバコ吸う理由は、煙吐きたいわけでもかっこつけたいわけでもなく、脳が、身体がニコチンを欲しているからに他ならないわけで

ニコチンが欲しいのです。

もちろん、そういう依存状態から抜け出したくて禁煙するわけですが、代わりに何かでごまかそうとするのはダメですね。

意味ないどころか、さっきちょっと書いた、「禁煙するときはタバコをいかに忘れられるか」という点においても大きくマイナス要因です。

いわば、別れた彼女を忘れられなくて代わりの違う女性で忘れようとしてるような状態ですよね。

違う女性と過ごせば過ごすほど、むしろ強烈に別れた彼女を思い出し、ツラくなるものです。

別れたのなら、一気に吹っ切らねばなりません。

恋もタバコも。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここに書いたものは、比較的僕が長く禁煙成功した時(最長で半年ぐらい)の経験談に基づいています。

故に、完全に禁煙できた人物の意見でない事はご了承ください。

ただ、禁煙中の苦しみ、失敗した時の情けなさ、失敗した最初のタバコのまずさなどは、結構わかっているつもりです。

そしてもしこの記事きっかけで誰かが禁煙成功したのなら……素直に羨ましいです。

禁煙がいかに難しいものであるか、僕の職場の年配(というかじいさん)の先輩の言葉をご紹介して終わりたいと思います。

「禁煙なんて、無理してするもんじゃないよ。

おれはもう禁煙して30年ぐらい経つけど、今でも頭がタバコのうまさを覚えてるんだよ。

それで、たまに吸いたいなあって思うんだ。

30年経ってもだぞ? どう考えてもクスリ級にやばいんだよ、タバコは」

コメント

タイトルとURLをコピーしました