最低限知っておくとドヤ顔できる宇宙の始まりと終わり【宇宙誕生】

この記事は約4分で読めます。
最低限知っておきたい宇宙の始まりと終わり

上を見上げれば無限に広がっている宇宙。

それはこの世の万物の源です。

さて突然ですが、宇宙はどのようにして誕生したか、ご存知でしょうか?

今回は知っておけばきっとどこかでドヤ顔できる、宇宙の誕生と終わりについての記事です。

宇宙の誕生はビッグバンから

現在主流である宇宙誕生の説が、ビッグバン理論による宇宙の誕生です。

この宇宙の始まりは、とんでもなく高温で高密度の点のようなものが爆発的に膨張し、超膨張し続けながら低温、低密度になっていったのではないか、という説がビッグバン理論。

この説が支持されている理由というのが、「ハッブルの法則」により観測された

宇宙は膨張し続けている

という事実と、それを一般相対性理論に当てはめて解釈した時に得られる結論から導き出されているのです。

まとめてすごく簡単に言えば、

「ハッブルの法則」と「一般相対性理論」とで観測し解釈すると宇宙は膨張し続けていることが導き出せる

のです。

また、

膨張を逆に縮小させて宇宙の始まりを考えていけば自然と一か所に集中する点のようなナニカに行き着く

と、始まりも逆に考えていくことで想像することができます。

風船で考えるとわかりやすいですね。

ふくらます前の状態が宇宙の始まりで、息を入れてふくらんでいく状態が今の宇宙です。

最初は一か所にギュンとまとまっていたゴムが、ふくらますほどに薄く伸びて広がっていきます。

そのようにして、銀河なども膨張に合わせてどんどん互いに離れていっているというわけです。

じゃあ宇宙の終わりは?

ではそのように膨張し続け、僕達人間からしたら無限と言っていい大きさをいつまでも広げ続けるのでしょうか?

残念ながら、未だ宇宙の終わりの答えは見つかっていません。

それに、果たして人類がその答えに到達できるのかどうかも全くわかりません。

だからこそまさに宇宙の終わりを考えることはロマンそのもの。

いくつかの説をご紹介しますので、ぜひあなたなりに考えてみて下さい。

膨張が止まり収縮し始める説

膨張し続けている宇宙も、どこかのタイミングで膨張が止まり、収縮に転じるのではないか? という説。

ビッグクランチとも言われています。

この説では、当然ビッグバン時に近い状態まで戻りますから、地球もアッと言う間に収縮の渦に飲み込まれて消えてしまうのでしょう。

ただ、宇宙が膨張から収縮に転じるには宇宙自体にそれだけの質量があるかどうかなど、やはり決定打となる証拠が見つけられていないのが現状のようです。

ロマン!

永遠に膨張し続ける説

膨張したら収縮するとは限りません。

未知の塊、未知そのものである宇宙に終わりはなく、永遠に膨張をし続けるという説。

わーいこれで地球も永遠に安泰だ!

と思いきや、そう甘くはありません。

というのも、冒頭でビッグバンは

高温高密度のナニカが膨張し、次第に低温低密度になっていったのが今の宇宙

と書きました。

風船の例も思い出して欲しいのですが、膨張すればするほど薄く引き延ばされていきます。

これは、宇宙のエネルギーもどんどん薄く伸ばされていくようなもの。

永遠に宇宙が膨張し続けちゃうと、理屈の上では星もどんどん死んでいき星は光度が落ちて観測できなくなり、新しい星も生まれなくなり、ブラックホールしかない世界になり、最後の最後はブラックホールすら存在出来ず死んだ宇宙に!

恐ろしい! でもロマン!

収縮し、再び膨張、という流れを繰り返す説

そもそも僕達が生きている宇宙も、何度も何度も膨張と収縮、つまりはビッグバンとビッグクランチを繰り返している中の一つの宇宙に過ぎないという説。

たしかに科学素人が素直に考えれば、無限に膨張し続けるなんておかしいように思えますし、どこかで収縮に転じて一か所にまとまっちゃって、また爆発的膨張して……。

という理屈は割としっくりは来ます。

もう人間とか地球とか考えてらんないレベルのとんでもなくビッグスケールな話ですが。

浪漫飛行も霞むレベルのロマン!

まとめ

宇宙の誕生と終わりの諸説、楽しんでいただけたでしょうか?

お気づきかも知れませんが、管理人の僕、宇宙大好きです。

しかし妻なんかはてんで興味が無いようで悲しいです。

ぜひこの記事で宇宙面白そうと思えた方は、近くの宇宙好きそうな誰かと宇宙の終わりについてでも話してみて下さい。

確実に盛り上がりますので。

なぜか?

答えがないからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました