転職する際には転職理由だけは最低限忘れずに胸に刻み込むべし

この記事は約3分で読めます。
転職最低限の心得

ひと昔前と違い、同じ会社に居続けることに大きなメリットがあるわけではなくなってきた昨今。

転職を考えている、あるいはした、という方も多いのではないかと思います。

今回は、転職する際に最低限心に刻み込んでおきたい事について。

覚えておくべきことは一つだけです。

なぜ転職しようと思ったのか、その理由だけは忘れてはならない

あなたはなぜ転職をしようと思っているのでしょうか?

お給料が低過ぎたから。

仕事が割りに合っていなかったから。

人間関係でトラブったから。

人それぞれあるだろうと思います。

1つだけ胸に刻んで欲しいのが、

その転職をしようと思った理由(原因)だけは、新しい転職先を探す時にも忘れてはいけません。

なぜなら、人は同じ過ちを繰り返しやすい生き物だからです。

そしてそれと同時に、新しい転職先を探しているとお給料や待遇ばかりに目がいきがちになり、なぜ転職をすることになったか、その理由を忘れがちなんですね。

せっかく転職したのに、前の会社の方が良かったなぁ……なんて本末転倒ですし、そんな風に思うくらいなら転職なんてするべきではないわけで。

お給料に不満があって転職をすることになったのであれば、しっかりと前の職場以上にお給料をもらえるのか調べる。

人間関係の失敗で転職しようとしているのであれば、同じような事になるような人種はいないか、面接の時に目を光らせる、事前にリサーチしにいく。

非常に当たり前に思えて、意外と探しまくっているうちにそもそもの転職理由をすっかりどこかに放置していまうケースが多いのです。

「ダメならまた辞めればいいや」

という考え方もあるでしょうが、少しリサーチするだけで再転職のリスクを下げられるのであれば絶対にするべきです。

まとめ

同じような失敗を繰り返さない為にも、自分が転職することになったそもそもの理由は絶対に忘れないようにする。

そしてまた繰り返さない為に、出来る限りのリサーチをする。

これは本当に待遇やお給料以前に、最低限意識しておきたいところです。

因みにですが、僕はアルバイトは転々としてきましたが、正社員として登用されてからの転職はしていません。

もちろん日々嫌になることは多いのですが、なぜこの会社に入ったのか、辞めて他を探すとしても今の会社よりも良くなるのか、といった事を考えると転職する方がリスキーに思えるからです。

僕の以前の同僚には同業種で転職していった人物が多々いますが、なぜか皆失敗してるんですよね。なぜなのか。

人生は一度。

だからこそ転職しようという決意も湧くでしょう。

しかしそれで一度の人生の貴重な時間を無駄にしてしまう可能性だってあります。

転職は勢いでせずに、慎重に考えた上でするのが吉という事に尽きます。

そして、あなたがどのような未来に辿り着きたいのか。

その事もしっかり考え、あなたにとって転職先が、あるいは転職することがプラスになるか考えた上で行動するべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました