最低限覚えておかないと恥ずかしい上手・下手と上り・下りの方向

この記事は約2分で読めます。
上手・下手、上り・下り

普段の生活の中ではそこまで多く耳にする機会は少ないとは思いますが、

「上手(かみて)、下手(しもて)」

という言葉があります。

振り返れば、どう考えても日常では必要のない言葉なのですが、以前僕の友人にいたのです。

やけに「上手・下手」で方向を指示したがる奴が。

やなやつですね、どう考えても。

舞台上での方向を示す言葉なので日常では滅多に聞かないとは思いますが、今回は上手・下手と、さらに混乱しがちな上り・下りの最低限の知識です。

上手(かみて)と下手(しもて)

上手、下手は舞台用語で、元は歌舞伎からと言われています。

舞台以外でも目上の人が上座に座る、という習慣はご存知かと思いますが、上手、下手の場合でもやはりニュアンスは同じで、上手側の方が比較的偉い人が座ることが多いようです。

では方向は? というと、舞台側から見るのと客席側から見るのとで左右が逆転するのでややこしいのですが、

舞台側から見た場合は、左が上手、右が下手

となります。

客席側からだと真逆になり、右側が上手、左側が下手です。

参考までに、客席側からの画像を載せておきます。

客席から見た上手・下手画像

舞台関係者やマスコミ業界で働く方には当たり前かも知れませんが、そうではない場合正直ピンと来ませんよね。

とりあえず客席側から見ることが基本的には多いと思うので、その場合は右が上手、とだけ最低限覚えておきましょう。

上り(のぼり)と下り(くだり)

次に、鉄道や道路でよく聞く上りと下りについて。

これは、基本的には

都市部方面に向かう方向が上り、都市部と逆に進行する方向を下り、

と呼びます。

ただし、東京から離れた場所ではその限りではなく、そもそも上り下りと言い表さないことも多いです。

ちなみに東京メトロでは、上りも下りもなく都市部を常に走っている為、上り下りは全路線で使っていないのだそう。

そういえば「おのぼりさん」という、都会に出てきた人をちょっと馬鹿にして言う言葉がありますが、これももろに都会を「上り」としたうえでの言葉だとわかりますね。

まとめ

以上、上手と下手、上りと下りの最低限覚えておきたいことでした。

日本語は難しいですよね。

上手下手なんて、よく考えればなん通りも読み方があったりしますし。

かみて、しもて。

じょうず、へた。

うわて、したて

かっこよく使い分けられる大人を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました