最低限揃えておくべき靴の数

この記事は約3分で読めます。
最低限の足数

あなたの家にはあなたの靴が何足あるでしょうか?

スニーカー のコレクターなどでない限り、そんなに多くの靴は置いていないか、あるいは履いていない靴が溜まってしまっているかのどちらかではないでしょうか?

靴も最低限でいい!

という気持ちはわかるのですが、少なすぎると不便な状況や衛生面での心配が出てくるのも事実。

そこで今回は、最低限揃えておくべき靴の数についての記事です。

6足あれば十分

結論から言えば、6足あれば十分かと思います

案外多いでしょうか?

なぜ、6足なのかご説明致します。

仕事用3足

まず当然仕事に履いていく靴がいります。

女性であれ男性であれ、またスニーカー OKな職場であれビジネスシューズのみの職場であれやはり3足は確保したいところ。

理由は、3足で回すのが1番靴にも負担が掛からず長持ちさせられるからです。

毎日同じ靴を履いてしまうと、たっぷり汗を吸った靴が乾燥する間もなくまた履くことになるので衛生面でも良くありませんし、靴の寿命を短くする要因にもなります。

故に、最低でも中2日は乾燥させられるように3足で回すのがベストなのです。

休日用2足

多くの方は週に2日のお休みがあるかと思います。

とすると、仕事用靴と同様の理屈から同じ靴を2日間履くのはよくありません。

そこで、休みの日にはそれぞれ違う靴を履けるように2足は必要であると考えます。

冠婚葬祭用1足

最後は冠婚葬祭用の靴です。

仕事でビジネスシューズを数束持っている方はいらないと思うかもしれませんが、しっかりとフォーマルな場にふさわしい靴であるかは改めて確認した方が良いでしょう。

基本的にはお葬式も結婚式も、黒のシンプルな革靴であれば咎められることはないかと思います。

本当は、お葬式は本革はダメだったり、細かくルールはあるのですがそこまで徹底すると成り立たなくなっちゃうので大丈夫です。

男性であれば、ストレートチップかプレーントゥのもの。

↑こちらがストレートチップ。ストレート(まっすぐ)のラインが甲の辺りに入っている靴の事です。

↑そしてこちらがプレーントゥ。プレーン(まっさら)なつま先のデザインで、何も装飾がされていないものを指します。

女性であればヒールが低く、つま先の開いていないものであればまず大丈夫。

↑このようなヒールが高過ぎず、つま先部分が閉じていれば大丈夫です。

ただ、冠婚葬祭用は滅多に使わない可能性も高く、奥にしまっておいて劣化させちゃいがちなので、定期的にダメになっていないかはチェックしましょう

いざ履いた時にカカトが劣化していてボロっと取れちゃうようなことになったらかなりダサイので。

まとめ

最低限6足は持っておいた方が良い理由、おわかりいただけたでしょうか?

もちろん理想的な、という話ではありますので、それぞれの事情によってはそんなに靴を置いていられない事もあるかと思います。

また、職場でスニーカーがOKなのであれば、普段履きと兼用にしているケースもあるでしょう。

6足なんて関係ねぇ! という方でもひとつだけ必ず覚えておいた方が良い事として、

履いた靴は2日空ける

ということです。

これだけで靴の寿命は伸び、汗や菌もしっかり乾燥で飛ばせて、ニオイも減らせるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました