【ズボラ料理】最低限キッチンバサミがあれば包丁もまな板もいらない【必需品】

この記事は約5分で読めます。
ズボラ料理の必需品

料理はしたいけれど、どうしても面倒でやる気が起きない。

そもそも包丁もまな板も持っていない。

それでも、いざという時の為に最低限調理できるような道具は持っておきたい。

ならば迷わず、キッチンバサミを買いましょう。

特に一人暮らしで面倒くさがりなズボラさんにはオススメです。

僕も結婚前はずうっと一人で暮らしていたのですが、とにかく面倒くさがりだったので、お米を炊くのすら面倒でしょうがなかった時代がありました。

包丁とまな板も一応は持っていたのですが、使わなすぎて謎のカビやらサビやらが出まくっている悲惨な状況。

そんな時、キッチンバサミが全てを変えました。

――というわけで今回は、ズボラな方でも最低限持っておきたいキッチンバサミについてです。

キッチンバサミの素晴らしさ

包丁もまな板も使わない

キッチンバサミが一番素晴らしいと思うのは、包丁も出さなくてよいですし、まな板すらいりません。

そのまま食材をザクザク切っていけば良いだけです。

感覚的には、本当に文房具のハサミをちょちょいと取り出して切る感覚と同じように食材をカットすることができます。

超面倒くさがりにとっては、まな板を出すことすら面倒だったりしますよね。

出すのも面倒、洗うのも面倒、しまうのも面倒。

しかしキッチンバサミなら、適当に取り出して、適当に切って、洗ってしまえばおしまい。最高です。

肉も魚もなんでも切れる

包丁でお肉を切るのって、なんとなく面倒ですよね。

切り難かったり、ベタベタしたり。

しかしキッチンバサミなら、ざくざくといけちゃいます。

鶏肉だって切れちゃいます。

包丁で苦戦してたのはなんだったのか? というぐらいに快適な世界がそこにはあるのです。

ただし、切れ味の良い、そこそこ良いキッチンバサミであることは大前提

ダメとは言いませんが、100円ショップなどのはできれば避けたいところ。

因みに僕は昔から、切れ味に関しては貝印さんのを全力信頼していまして、今も家で使っているキッチンバサミは貝印製。

このキッチンバサミは、簡単に二つに分解できるので刃と刃のスキマが洗えない、なんてこともなく愛用してます。そしてよく切れます。

また、食べ物以外を切っても問題ないので(しっかり洗えば)、包丁には出来ない軽いフットワークで包装もチョキチョキそのまま行けちゃいます。

オールラウンドプレイヤーですね。

細長い野菜系と特に相性抜群

僕の体感ですが、長ネギ、キュウリ、ニンジンなどの細長い形をした野菜との相性が特に良い気がします。

キッチンバサミ信者になると、長ネギが大好きになります。

ちょっとお野菜も足したいわね、なんて時には長ネギを適当に端からチョキチョキザクザクして入れちゃえばよいのです。

小腹が空いたなぁ、なんていう時も、キュウリを端からジョキジョキ切ってポン酢なりマヨネーズなりかけて食べちゃえば簡単かつ最高のおつまみ。

手軽さがキッチンバサミの何よりの強みです。

場所を取らない

包丁はどうしても包丁立てや、シンク下の包丁を刺せるスペースなどに収納する必要があります。

まな板も、やはり立てかけておかねばなりません。

しかしキッチンバサミは、フックでどこかに吊るしても良いですし、お箸やスプーンなどと一緒にぶち込んでおいても大丈夫です。

とにかくスペースを取らないこともキッチンバサミのとても良いところ。

キッチンバサミの弱点

さてここまではキッチンバサミを全力応援してきましたが、やはり弱点があります。

弱点を知った上で、それでも面倒くささの方が勝る方はもう迷わず買いましょう、キッチンバサミを。

細かな加工には向かない

ザクザク切る事に特化したキッチンバサミは、丁寧に切ったとしても限界があります。

それこそみじん切りだとか薄くスライスだとか、そのような細かな切り方は到底できないと思っておいた方が良いです。

デカくてまるい物が苦手

タマネギ、カボチャ、スイカ、メロンなど、比較的大きくて丸い形の野菜や果物は苦手です。

物理的に刃がそこまで開かないという理由もありますし、なんとか刃で捉えられそうでも前に飛んで行っちゃったりします。

タマネギキャノンを楽しみたい方はどうぞいくらでも。

そのような野菜達をキッチンバサミで切ろうと思うと、どうしても包丁、まな板さん達の力が必要になってきます。

「包丁の旦那、すいやせんが一太刀だけタマネギ坊主にかましてやもらえやせんかねぇ?」

と、どうしても一発だけ切って欲しい欲求に駆られるのです。

真っ二つにしてくれさえすれば、キッチンバサミでジャギジャギできるのに!

ジレンマ。

もちろん、そんな時の為にメインではなくても包丁・まな板はあるに越したことはないわけですが。

まとめ

妻にも協力してもらい真剣にデメリットをひねり出したのですが、想像以上にデメリットが浮かびませんでした。

・細かい加工が苦手。

・デカすぎるものが苦手。

以外は、これといった弱点もない万能なキッチンバサミ。

逆にメリットは、

・包丁もまな板もいらない。

・取り出してすぐにザクザク切り始められる。

・洗うのも簡単。

・野菜ちょい足ししたい時に手軽にカットですぐ盛れる。

・何よりもラク。

と、いいことだらけ。

持っていないだなんてもったいないですし、料理ガッツリするのが面倒な人こそ持っておくべきです。

そして、家で愛用してる貝印のキッチンバサミ、めっちゃキレるしサビないし洗いやすいしで結構高かったと勝手に思い込んでましたが、値段もそんなに高くなかったですね。

一人暮らしのズボラさんには文句なしでおすすめしたい、相棒にするには最高のキッチンバサミ。

ぜひお気に入りで愛せる相棒をあなたも探してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました