【状況別】最低限あればなんとかなる調味料は何?

この記事は約3分で読めます。
最低限の調味料

ついつい色々な料理をしようとすると買ってしまって増殖しまくる調味料類。

本当に使うのなんてごくわずかなんですよね。

そこで今回は、状況別のこれだけあればなんとかなる最低限の調味料です。

極力調味料を置きたくないミニマリストなあなたへ

まずは真の最低限で考えてみます。

いや、考えるまでも無いのですが、答えは

塩だけ

です。

基本的に塩以外の調味料が無いと食べれない食べ物なんて存在しないと思うのですがいかが?

お肉も塩で十分美味しいです。

野菜類も塩で美味しいです。

お刺身だってごはんだって、塩で全然美味しく食べれます。

その分、こだわった塩を置けば尚良いですね。

我が家でも塩だけで3種類ぐらいあります。

粗いツブの塩が僕は好きです。

岩塩みたいなやつ。

万事、塩で十分。

とりあえず最低限の料理はしたいあなたへ

塩しか置かない、というのはなかなかです。

逆に、こだわりや主義がなくて塩しか置いていないような方は少ないと思います。

とりあえず最低限の料理を自炊したい!

そんなあなたへの最低限は、

しょうゆ

みりん

味噌

です。

砂糖はいりません。

みりんの方が確実にいいです。

とりあえずしょうゆとみりんがあれば和食系はほぼ出来ると思って間違いないです。

味噌はなくてもいいと思われがちですが、我ら日本人、味噌を欠かしちゃいけません。

酒のアテにもなる、味噌汁にもなる、焼いてご飯に乗せるなんていう贅沢もできる。

我が家では焼き味噌を必ず常備しています。

練り物とネギと、たまに挽肉なんかも入れて煮詰めて、最後にオーブンで焼きます。みりんを多めに入れると食べやすい味になる気がします。

日持ちもすごく良いのでオススメです。

話が逸れましたね。

最低限の調味料ですが、上に挙げた4種類の調味料だけで色々工夫して作っていると、きっと素材の味を活かした料理作りも上手になっていきます

とりあえず顆粒だしと味の素を入れまくる舌バカな僕みたいになってはいけません。

焼きそばはむしろソースを食っている、なんていう危険思想も持ってはいけません。

まとめ

もうここでまとめへと行かせていただきます。

なぜなら、これ以上は最低限でもなんでもないですし、ここでサラッと書けるほど浅い世界ではありません。

というか何万文字費やしても説明仕切れないのが料理、そして味付けの奥深さ

ご自宅に無数に調味料がある方、たまには一度ヒトの原点に立ち返って、塩だけの料理をしてみてはいかが?

無数の余計な調味料達のせいですっかりわからなくなっていた食べ物本来のウマミが見えてくるかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました