ギャンブルで勝つ唯一の方法は「勝っている時にやめる」その為の強制離脱術

勝っている時にやめたい

ギャンブルの唯一にして最も難しい勝つ方法というのが、

勝っている時にやめる

ということです。

当たり前です。

負けている時にやめれば負け。

トントンの時にやめればトントン。

勝っている時にやめられれば勝ち。

そんなことは誰もがわかっています。

なのに、誰もがわかっているのに、多くの人が出来ないことでもあるという不思議。

今回は、そんなやめられない方にオススメする勝ち逃げ強制離脱術です。

公営ギャンブルの最終レースのみ賭ける

もう、ギャンブル好きが強制的にその日勝ち逃げするにはこの方法しかありません。

オススメは最終レースが基本的にメインである事が多いボートレース。

競馬はオススメしません。

理由は、メインレースが11レースであることが多く、最終12レースがおまけみたく開催されるのですが、確実に11レースで負けた人は12レースで取り返そうとヤケになって賭けて無事大負けして帰るのが一つのパターンだからです。

多くの方は、最終レースだけやったって当たるかわからないじゃないか!

と怒るかと思いますが、ならば逆に聞きますが〇〇円勝ったら何レース目であってもやめて帰る、などと決められますか?

きっと無理でしょう。

勝てば舞い上がって、さらに大きく賭けて結局負けるパターンが多いと思うのです。

当然、最終レースで勝てる補償はありませんが、少なくとも当たった場合に舞い上がって続けて結局損するような事は防げるわけです。

だってもうその後のレースは無いわけですから。

ギャンブル依存症の方は、自分ではやめられないのです。

なくなればアコムアイフルプロミスなどなどに借りてまでやっちゃうわけで。

唯一やめられる方法は、「もうそれ以上やりようがない」状況になること。

その一つが、最終レースのみやる、という方法なのです。

パチンコ・パチスロは閉店近い時間のみ打つ

もう僕は完全にパチンコ・パチスロは辞めてだいぶ経つのでわかりませんが、今でもきっと閉店近い時間の方がそれぞれの台の傾向が把握しやすい、いわゆるハイエナしやすい状況であるのは一緒なんじゃないかと思います。

かなりつまんなくなった、と聞きますが。

こちらも公営ギャンブルと同様、閉店時間近くからのみ打てば、上記の理由から勝率も上げられますし、閉店になればやめざるを得ない状況になります。

仮にボーナスタイムの最中だとすごく悔しいかも知れませんが、もっと、もっと、と追いかけて負けて帰るよりはプラスで終わって帰る方が良いに決まってます。

オンラインカジノはやらない

強制離脱術が使えるのは公営ギャンブルとパチンコ・パチスロのみ。

オンラインカジノなど、いつでも出来ちゃうギャンブルは一番危ないです。

だって24時間いつでも出来ちゃうわけですから。

お金借りまくって、大負けして、それを少しでも返そうとまた大金賭けて、大負けして、最後は全てを失って自己破産。

もちろん、自分の安全資金が無くなった時点でしっかり我慢できる人なら大丈夫です。

しかし、借りてまでやる人は本当に危ないです。

確実に依存してます。

僕も、かつて借りまくってまでやったダメなヤツの一人です。

今はもう絶対に借りてまではやりません。返すのが本当に地獄でしたので。

自分は依存してるかも、と思うような方は本当にいつでもできちゃうギャンブルはやめましょう。

まとめ

やらないに越したことはないのがギャンブル。

それでも憂さ晴らしと欲望のままにどうしてもやりたくなるのもギャンブル。

勝っている時に止めれば勝てる。

その当たり前の事ができない。

僕もまさにそれでしたので、今回の記事を書きました。

収支表を付ける、必ず幾ら負けたらやめるか決める、時間を決める、などの対策は無数にあります。

でも、熱中して周りが見えなくなって頭の中が真っ白になる「ジャンキーモード」に入ってしまうと、そんな対策は全くの無意味。

だからこそ、強制離脱術が使えるギャンブルを選べば大負けして苦しむ確率を下げられると僕は思います。

最後にもう一つだけ、大負けを防げる方法を伝授します。

結婚している方だけしか使えないのですが、

奥さん(旦那さん)と一緒に行く

という奥義です。

鬼より神より嫁が怖い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました