最低限覚えておきたいカフェイン含有量とカフェインの知識

この記事は約3分で読めます。
最低限のカフェイン含有量

皆さんは日頃どのようにカフェインを摂取しているでしょうか?

やはり一般的なのは飲み物か、チョコレートあたりかなと思います。

目を覚ましてくれたり集中力を増してくれたりするカフェインですが、意外と危険な飲み方を知らず知らずのうちにしてしまっているケースも少なくありません。

今回はそんなカフェインの最低限知っておきたいことです。

意外と知らない? カフェインの多く含まれるもの

まずはカフェイン含有量が、一般的にカフェイン多めと言われている飲食物にどれほど含まれているのかを見てみましょう。

抽出方法によってカフェイン含有量は変わってしまうので、参考程度にご覧下さい。

コーヒー1杯  80mg

緑茶1杯  40mg

紅茶1杯 50mg

コーラ1本 10mg(公式ページ情報)

レッドブル1本 80mg

チョコレート100g 20mg

このように並べて見てみると、やはりコーヒーとエナジードリンクは多め。

もちろん、お茶類やチョコレートなどは淹れ方や何チョコレートであるかでもカフェイン含有量は大きく変化してしまうので鵜呑みにはできません。

カフェインの効果

なんと言ってもカフェインは覚醒効果です。

これ目当てで基本的には摂取しようと思う方が多いはず。

カフェインは取り入れてから1時間後には効いてきて、3時間後ぐらいには効果が半減します

また、冷え対策記事でも触れたのですが、血管を収縮させる作用もある為飲み過ぎると冷えやすくなります。

恐怖のカフェイン中毒

効くクスリには副作用もつきもの。

カフェインも例外ではなく、できればコーヒーなどのカフェインの含まれる飲み物は1日3〜5杯ぐらいまでにしておくのが良いそうです。

ちなみに中毒になる目安としては、短時間で何杯も飲むのが特に危険で、例えばコーヒーで言うと、

1時間以内に4杯以上飲むと50%の確率でカフェイン中毒になります。

また、

3時間以内に9杯以上飲むと、100%カフェイン中毒になります。

なぜ〇〇時間以内なのかというと、代謝しきれないからです。故に短時間での大量摂取が危ないのです。

また、中毒を超えて飲みまくればしに至るケースもありますので本当にお気をつけて。

まとめ

うまく付き合えばあなたのパフォーマンスを上げてくれるカフェイン。

しかし最低限覚えておいて欲しいのが、

短時間に飲みまくらないこと。

血管収縮作用があること。

中毒になるリスクもあること。

です。

以上を踏まえたうえで、美味しく、そして上手くカフェインを摂取していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました