【丑の刻】最低限覚えておいて回避したい丑三つ時は何時なのか?

この記事は約4分で読めます。
丑三つ時丑の刻

神も仏も恐れぬカオスブログの管理人タネ吉ですこんにちは。

あなたはしっかり早目に寝ているでしょうか?

夜更かして朝方になってからようやく寝る、なんて生活していてはいけません。

健康的でないとかそういうことではなく、丑三つ時を起きた状態で過ごすということが恐ろしいのです。

というわけで今回は最低限覚えておいて回避したい丑三つ時の話。そもそも何時だ?というところから。

丑三つ時は深夜2時〜2時半ぐらいまで

丑三つ時(うしみつどき)は、昔の日本で使われていた一日を12等分して干支を当てた十二時辰という時間のルールが関係しています。

始まりを深夜0時として子、丑、寅、と順に考えていけば丑の刻が大体2時頃というのはすんなりわかっていただけるかと思います。

※正しくは午後11時から午前1時が子の刻。正刻と呼ばれる真ん中の時間が0時になります。丑の刻は午前1時から午前3時まで。正刻が2時です。

時計が一般的には普及していなかった江戸時代などでは、日の出と日没を起点として1日の時間というのは決められていました。

もちろん、季節によって日の出と日没の時刻は変わるのですが、完全に生活リズムを日の出日没に合わせる生活だった為に、何の問題もなくその方法で暮らしていたのです。慣れってすごいのです。

干支を1日に当てはめると、24時間を12等分することになるので1つの干支が今で言う2時間を担当することになります。

流石に2時間だと幅がありすぎるので、さらに一刻(2時間)を30分刻みの4つに分けて呼ぶようになりました。

丑三つ時とは、丑の刻の、さらに3つ目の時刻ということになるので、丑の刻が1時から3時。

それに30分を3つ足せば、2時30分です。

丑三つ時の何がヤバイのか?

丑三つ時が何時なのかわかったところで、一体なぜ丑三つ時や丑の刻がこわいイメージと共に語られるのか考えてみましょう。

まず最も罪深いのは陰陽思想。

干支は便利ですから、時間や年月だけでなく方角にも用いられていました。

陰陽道での丑寅(うしとら)の方角というのは、陰と陽の狭間の方角に当たり鬼門と呼ばれます。

そしてそれが時間の丑と寅にも当て嵌められるようになり、特に丑の刻が丑の刻参りなどの呪われた儀式の影響もあってかヤバイ時間帯とされるようになったのです。

丑の刻の何がヤバイかまとめると、陰陽道で言うところの鬼門にあたる時間帯の為、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)しやすい時間帯でもあるので良い子は早く寝ましょう、ということです。

ただし、あくまでも陰陽道でのお話。

神も仏も恐れぬ僕は全く信じてはいませんが、一度だけ「もしかして……」と思うような怖い体験をしました。

幽霊のようなものを見た、とかではないのですが、若い時分に外で深夜まで遊んでいた時に、突然世界が一段階暗くなったように感じた事があったのです。

街灯が消えた、とかではないです。

そして、ふいに悪寒が身体中を走りまして、なんだこれなんか嫌な感じだ、と思い時間を見てみると午前2時にちょうどなったところだったのです。

たまたま寒気が走っただけで鬼門だなんだとこじつけたくはないのですが、もしかしたら丑の刻には何か人智の及ばぬ不思議な世界があるのかも知れない……なんてその時はふと思ったのでした。

今はもうおじさんなのでそもそも丑の刻まで起きていられる気力がありません笑

丑の刻参りは効果は知らないけどやってる人自体がヤバイ

最後に、丑の刻と言えば丑の刻参りということで、触れずにはいられませんよね。

僕は一度だけ、これまた若い時に深夜に神社のそばを通った時に音だけは聞いた事があります。

丑の刻参りというのは、白装束などを着て、頭にロウソクを巻きつけて藁人形にクギを打ち込むヤバイ儀式です。

一応基本的なルールとしては丑三つ時に行うようです。

鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』という江戸時代の妖怪図鑑みたいなものがあるのですが、その本の「丑時参」の項目にも「丑みつの比」とわざわざ書かれています。

呪い殺したいほど憎い人がいる場合などにやる、呪術の一つですね。

やり方や効能はご自身で調べていただくとして、何がヤバイってそこまでするほどに憎い奴がいる、ということ自体が怖いと思います。

もう狂気ですよね。

また、基本ルールなのかは知りませんが、誰にも見られてはいけない、というものがあります。

ですので、もし万が一見かけてしまった場合、先に書いたようにその人の心理状態はまともじゃないので、まずはこっそりその場を離れ、法的に許される行為でもないので余裕があれば通報しましょう。

「丑の刻参りしてる人がいる」

なんていう通報を受けちゃった交番の人には気の毒ですが。こぇぇよ、って思うでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

丑の刻、丑三つ時のオカルト的な現象などはまぁ普通に考えて有り得ないと思いますが、実際問題一番闇の深い時間帯ではあります。

夜型の人も、一般の人も、できれば丑三つ時だけは大人しく寝て過ごしましょう。

夜型の人も、その時刻だけはコンビニへ行くのも避けた方がいいかもしれません。

丑三つ時のコンビニ店員さん、もしかしたら顔がないのっぺらぼう……なんていう現代版『貉』(小泉八雲著、のっぺらぼうの原型)みたいなことになり兼ねませんので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました