新型コロナウィルスを予見していたかのような映画『コンテイジョン』は今だからこそ最低限観るべき

この記事は約6分で読めます。
感染症の恐さが解る映画

未曾有の恐怖を世界中でばらまいている新型コロナウィルス。

僕も本業でモロに影響を受けており、自粛店舗対象には入っていないのですがお店の売上は半分以下になってしまっています。

それでも、「もっと来てください!」とも言えないし、自分のお給料を確保し会社に少しでも利益を献上する為にも「来ないでも下さい」とも言えない、まさに板挟みのどうすりゃええねんな日々が続いています。

多くの方は自宅にて外出自粛生活を送っていると思うのですが、ここ最近話題になりとても注目されている映画があります。

それが、2011年のアメリカ映画、『コンテイジョン』です。

正直に言いまして、今じゃない、コロナウィルス蔓延前の平和な状態で見たらあまりピンと来なかったと思うのです。

しかしこの状況下で見ると……いやこれもう予言書じゃん。

というぐらいに「いつかまた来るであろう新たなウィルスの脅威」を淡々と描いています。

現実に起きていることと似すぎてて怖い

まず、この映画は相当ガチな考証の元で丁寧に作られているのがヒシヒシと伝わってきます。

そして、あまり派手に誇張することなくウィルスが広がっていく様と人々の足掻く姿が淡々としているが故にめちゃくちゃコワイです。

内容は群像劇的に、CDC(アメリカの疾病予防管理センター)の職員、一般市民、WHO(世界保健機構)職員、ブロガーであり自称フリーの記者でもある人物などを中心に描かれており、どの人物も非常にリアリティのある描かれ方をされています。

そして昨今テレビで頻繁に、そして嫌になってしまうぐらいに見まくっているニュースの数々。

それらの新型コロナウィルス関連のニュースとほぼ一致するかのような描写が頻繁に出てきて唸らせられます。

CDCなどは利権絡みで裏の繋がりがあるんじゃないかという疑惑。

政府は死亡者数を少なく発表しているのではないかという疑惑。

人は一日に数千回も顔を触るという事実。

一人が何人に感染し得るかという基本再生産数。

パニックで起こる日用品、食料品の買い占め。

銃のある社会であるアメリカで頻繁に起こる強盗など。

不足する遺体袋。

WHOだろうがCDCだろうが誰だって感染する。

医療従事者が一番リスキー。

どれもが今まさに現実で起きている事と重なって見えてしまいます。

本当に今見ると怖い映画。そして凄い映画。

僕が特に注目したのが、ワクチンが出来てからの社会。

少し映画後半のネタバレになるので、知りたくない方はここからまとめの見出しまで飛ばしてください。

アマゾンプライムだと見放題には『コンテイジョン』は入っていませんが、199円でダウンロードレンタルして観ることができます。

――さて本題。

映画後半では、人類の頑張りによってようやくワクチンが完成。

最初はそんなに膨大な量が用意できていない為、アメリカでは抽選で誕生日を選び、その誕生日が出た順番にワクチンを貰える、という方法がとられていました。

そしてワクチンを接種した人物は腕にリストバンドをすることで、ワクチン接種済みがわかるようにします。

恐ろしかったのが、やはりワクチンを巡ってもトラブルが起き、強盗に入られたりするわけです。

どんだけ人間ゲスいのよ、と思いますが全然起こり得る話ですよね。

そして衝撃のラスト。

劇中でもコウモリと豚の接点が疑問視されていましたが、実にシンプルにその最初の感染源が描かれて映画は終わります。

実に恐ろしい。

そしてもうそれは映画を超えて、今世界中で起きている事とリンクし過ぎで別の意味でも怖くなるのです。

もう一度書きますが、たぶん数年前に観てたら

「なんかリアルな感じで怖かったけどよくわからなかったしそんなこと起こるのかね?」

って思っちゃう気がするのです。

しかし今まさに起きている。

だからこそ、これは今だからこそ最低限観ておくべき映画だな、と強く感じました。

豪華すぎるキャストがどっしりと支える

気が滅入る内容、気が滅入る現実世界。

しかし、キャストは豪華で最高の演技をしてくれています。

元凶となる浮気女をグウィネス・パルトローが

なんとマット・デイモン(劇中ではミッチ)という夫がいながらシカゴで元彼に会ってた浮気女房ベス役でグウィネス・パルトローが。

『大いなる遺産』というちょっとエッチな映画で最高に美しい彼女を見て以来大好きです。マイナーな映画なんですかね、詳しくないんですが。

この『コンテイジョン』では最重要と言ってもいい役どころ。

元彼と会ってた設定も、やはりウィルスの感染源を複雑にするために必要な設定だったんですかね。

マット・デイモンが序盤から超不幸な役

ベスの夫でありながら、序盤からマジで笑えないレベルで身内を失う不幸なパパ、ミッチ役でマット・デイモンが。

病院での妻の死を知らされた時の演技とかは流石のマット・デイモン。

どこかでジェイソンボーン化するかと思いきや全然静かに一般市民でした。

ジュード・ロウがちょっとおかしいブロガー役

ジュード・ロウはこの手のちょいクセアリな役やらせるのが一番ハマると僕は思います。

群像劇でしたからそんなに出番は多くないのですが、陰謀論者兼ブロガーなクセしかない活躍っぷり。

現実世界で言うと週刊誌記者みたいな感じでしたね。

ローレンス・フィッシュバーンがCDCで活躍

もう正直に書きますが、ローレンス・フィッシュバーン、マトリックスにも出てたあの黒人さんですが、現実世界で起きてるニュースで度々出てくるWHOのテドロスさんに見えてきちゃうんですよ。

ちょっとだけ似てますから。

なので、CDC職員役なんですが途中からWHO職員と勝手に思い込んじゃって苦労しました。

マリオン・コティヤールがWHO職員として輝く

マリオン・コティヤールと言えば僕はクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』でのディカプリオの相手役がツボでしたので、以来美しいなぁ、と思いながら見てます。

※過去にノーラン監督オススメ記事書いたのでよければご覧ください。

ノーラン作品だと『ダークナイト・ライジング』にも出てましたね。

『コンテイジョン』ではWHO職員として、最初の感染者を突き止めるべく香港に派遣され、派遣先で色々な目に遭います。

でも大変良い役回りですし、最後もとてもよかったです。

ケイト・ウィンスレットがCDC職員として

なんと、タイタニックでディカプリオの相手役を見事に務めたケイト・ウィンスレットが出てます。

タイタニック以降も色々映画に出てるのは知っていたのですが、観る機会がなくて久々に再会した気分でしたが歳を重ねてもキレイですね、この方は。

『コンテイジョン』ではなかなかにリアルな役。

精鋭なのでしょうか現地に派遣されて陣頭指揮を執るのですが……。言えない。

まとめ:手を洗いましょう

外出自粛で時間がある方は、ぜひ観て欲しい映画でした。

そして、不安になるだけではなく、どのように終息していくのかも描かれていますから(細かく描写されているわけではありませんが)、希望を持って今を耐える為にもオススメです。

僕はAmazonプライムの会員なので素直に199円だか払ってみましたが、他動画配信サービスでも見れるので探してみてください。

U-NEXTだと新規登録なら1か月近く無料で色々見れて、『コンテイジョン』も当然入ってますのでオススメです。

では最後に、この『コンテイジョン』が新型コロナウィルス危機を予見していたかのような内容に製作陣も驚いたようで、キャストの方々も手洗い動画をアップしています。

マット・デイモンとケイト・ウィンスレットの二人が教えてくれる手洗いの大切さがわかる動画を最後にご紹介するので、映画を観た後でも、観なくても、ぜひ眺めてみて欲しいです。

『コンテイジョン』キャスト陣からの新型コロナウイルス感染拡大防止メッセージ

コメント

タイトルとURLをコピーしました